ここ最近ワクワクすることがないなぁと思ったら懸賞生活がオススメ

本屋をフラフラをあるいていると必ずいっていいほど、懸賞のコーナーがあります。だいたいクロスワードと一緒に陳列しているもので、今まで一度も読んだことがなかったのですが、ふと気になりパラパラ中身をみて懸賞なびという本を購入してみました。

懸賞なび 2018年 09月号

懸賞なび 2018年 09月号

 

懸賞とはハガキ、若しくはインターネットでアンケートに応募して賞金や商品がもらえるというもので、こういった本が長く陳列されているということはある程度一定の読者、懸賞生活をしている人がいるのでしょう。

よくよく考えてみると懸賞ってよく目にします。

オープン懸賞

例えばテレビを見ているとこんなワードを耳にします。

番組の最後にキーワードを発表!Twitterのハッシュタグに〜をつけてつぶやいた人から100名様にプレゼント!

こういった懸賞はオープン懸賞といって誰にでも応募ができるものです。

クローズド懸賞

 またオープン懸賞とはちがって、例えば

〜の商品を購入、バーコードをハガキに添付して送ると〜が当たる!

といったような懸賞はクローズド懸賞といって商品を購入した人だけが応募できる限られた懸賞なのです。

ワクワクが欲しいなら懸賞生活

仕事の合間に懸賞なびを読んで簡単なものから懸賞に応募してみました。ほんの数分で終わるものがあり、仕事のリフレッシュ程度に手間なくできます。発表の時期をGoogleカレンダーに登録して、再び仕事にもどり、また休憩時間で懸賞に応募するというループにハマりました。笑

あとあと感じたのが応募してから当選日までワクワクすることが出来て、結構楽しいのです。妻に「明日当選日で当選したらルンバが我が家にやってくる」なんて声をかけたり、当日はソワソワするスリリングな日常に変えてくれます。

もっともっと 当てる! 懸賞生活

もっともっと 当てる! 懸賞生活

 

 仕事の合間、家事の合間に生活のアクセントとして懸賞を応募し、ワクワクする時間を過ごすというのも生活を楽しむコツなのかなと思いました。

読者さま募集中です。

↓ ↓ ↓

30歳を超えてから楽しめる『大人の夏休み』

入社当初、大人にも夏休みが存在する事を知りビックリしてしまったシコ助ですが、ここ最近は働き方改革に乗っ取って、さらに長期的な休暇を取る大人が多いようです。

おそらくあんなに厳しかった会社から急に『休め』と言われて、戸惑いつつも遊び方がわからない人も多いと思います。

何をして過ごすか悩んでいる人にオススメしたい30歳を超えてからの『大人の夏休み』を紹介したいと思います。

大人の夏休みとは?

30歳を超えて自分の遊び方が変わってきたなぁーと感じています。中々言葉にするのが難しいのですが、例えばスマホアプリで遊ぶとなるとほぼソシャゲしか頭になかったのですが、ここ最近はカテゴリーがゲーム以外の古地図アプリにハマっていて古地図をもとに街を歩いたり、Googleマップで土地の高低差を見たりして、ニヤニヤしていてやっぱり変わってます。

東京時層地図

東京時層地図

  • Japan Map Center, Inc.
  • ナビゲーション
  • ¥1,900

自分の中にテーマがあってそれに関する知識を手に入れたり、その知識をもってコントロールする欲を満たし、おまけにスキルが身についてお金をもらえたり、とにかく効率の良い?遊び方が好みになっているのです。

今年の夏もそんな感じて過ごしたいなぁと思いつつ、いくつか大人の夏休みとして楽しめそうなものを紹介したいと思います。

ペーパーグライダー

いきなり子供ぽい感じで、紙飛行機です。紙飛行機といっても今まで折り紙で作っていたような紙飛行機ではなく、ペーパーグライダーとはもっと高性能でケトン紙を切ったり貼ったりして作成する飛行機のことです。

 f:id:nobuwell:20180809152316g:plain

対空競技用なので思ったよりも、遥かに遠くまで飛びますし、ゴムカタパルトでかなりの高度を稼げます。その翼の角度を調整することでまったく飛び方が変わるので大変奥が深いのです。

自分の街をブラタモリしてみる

NHKのブラタモリが面白過ぎて、自分の街をブラタモリしてみました。

例えばシコ助の住んでる土地を調べてみるとこんな感じなりました。

①図書館の古地図を見ると『電気機械工場』が建っていたと判明。

②その電気機械工場は某有名メーカーの前身の工場と判明。

③某有名メーカーのホームページにアクセスし、沿革を見ると確かにその記載があって感動。

④電気機械工場が何を作っていたかを調べる→原料として近くに河川が必要だったよう。

⑤そういえばこの辺で土壌汚染があった話を思い出す

⑥工場で作ってたものをそのまま産廃すると土壌汚染になることが判明。

とまあ、良くも悪くも自分の住んでいる地域を調べるのは楽しいものです。

【Amazon.co.jp限定】ブラタモリ 1-12巻 オリジナルケース入りセット お出かけ用チケットフォルダ3枚つき

【Amazon.co.jp限定】ブラタモリ 1-12巻 オリジナルケース入りセット お出かけ用チケットフォルダ3枚つき

古地図を見ているとわかるのですが、主要な道路はほとんどその位置を変えていません。また川の流れや地形も全く変わりません。社会の授業でたまに山を切り開いたり、埋め立て地を作る話を耳にしましたが、自然が作り出した形を大きく変えることはありません。

この変わらない地形に合わせて歴史が作られるので、例えば道が合流する場所が栄えたり、険しい山の上に城を建てたり、トンネルの入口と出口で使われる石が違っていたりします。ここの推理が楽しすぎです。

本当に役立つ知識をつける

本当に役立つ知識とは?と聞かれた時なんて答えますか?

との問いに元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏が下記のように定義しています。

・今後10年以上も影響を与える技術や文化に関する話。
・結論に至る経緯と理由に筋が通ってる。
・資料から組み立てられていて、個人の感想を書いてるわけではない。
・一般的な”常識”とは違う結論や発見がある。

これを満たした本は中々現れないとことですが、わずかばかり本当に役立つ知識が身につけられる本は存在しますとひろゆき氏は紹介しています。即購入して全て読んでみたのですが、読む前と読んだ後にこれほどまで成長した感があったのは始めての経験でした。

テレビを見ながらiPadでメモる

iPadとApple Pencilを組み合わせて利用すると、テレビを見ながら調べ物をしたり、メモを取ったりすることに相性が良くて、テレビを参考に社会見学している感じになります。

f:id:nobuwell:20180809154540j:image

ブラタモリ見ながらメモ

自分なりに絵を描いたり、関連の写真を貼ってみたりと普通のノートでは出来ない社会見学がテレビの前ですぐさま出来るようになります。

大人のかき氷を食べる

夏の間はただ冷たいものを食べたり、エアコンがキンキンの部屋に入ったり、冷感するだけで幸せになれてしまうので意識的に冷たいその瞬間を味わうようにしています。

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18BK

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18BK

 

大人のかき氷は従来のかき氷と全く違う食感でまさにふわふわとろとろの雪のようです。

また台湾式かき氷(氷に最初から味をつけたタイプ)が楽しめるのでゆず味、チーズケーキ味、マンゴー味、チョコレート味など多様な味のかき氷を作ることが出来ます。大人は裏切るけど『大人の〜』から始まるのは裏切らないという持論です。

ひさびさに科学本を読んだ

ここ最近好奇心が低下したと感じてる人、30歳過ぎてから刺激が足りなくてため息をついている人にはズバリ『科学』がオススメです。

小さい頃夢中になって読んだ科学の本は今となっても強烈に魅了してくれます。科学本、科学雑誌、科学館など好奇心が全開に開けるのでおすすめです。

Kindle Unlmitedに契約していて、科学本がたくさんラインナップされていたので夏休みにじっすりと読んでいます。

モノを買う側から売る側にまわってみる

何かテーマをもって行動していると、そのテーマに沿った知識をアウトプットしたくなります。

01. なんでもプロジェクト化すると楽しい
02.好きを拡張する方法
03.暇つぶしの用意周到さ
04.妻や友人にこそ話すネタを用意する
05.充実感のスーパーコンボ
06.毎日「少し闘う、少し使命感を持つ」
07.もっと軽い輪を作って楽しもう
08.仕事には目標でなくテーマが必要
09.「温泉」「グルメ」「観光地」だけだとつまらない
10.とてつもなく楽しめる旅行の行程を公開
11.神回はとてつもなく面白い
12.家族をマネジメントする
13.好きなCMを集めて「感覚を保管する」
14.頑張っている人を見るのが好き
15.好きなことに運動を組みせる
16.サボった時間を計測する
17.ディスプレイをシェアすると何倍も会話が楽しくなる
18.帰宅ルートを最適化する
19.自分をコントロールする負のブースト戦略(映画「FIGHT CLUB」に学ぶ)
20.買い物の上限を設定すると楽しい

シコ助は効率の良い遊び方をテーマにしており、念願の本を出版することが出来ました。

初めてモノを売るという行為を体験し、非常に刺激的な思い出るになっています。そこから今年のゴールデンウィークにはフリーマーケットでモノを売る体験につながりましたし、新たな発見ばっかりでした。夏休みも何かを売る大人の夏休みにしたいものです。

 

頭の良い人が怖い人はその錯覚を治そう

『頭が良い人が怖い』と思っていたシコ助ですが、ここ最近その点で驚くべき事実を知ってしまったので紹介したいと思います。

頭が良い人が怖い理由は

頭が良すぎて何を考えているかわからない

・悪知恵を持っていて発言する言葉が信用出来ない

・隙がなくて落ち着かない

・見透かされている気がする

などがあげられますがここには自分が相手に対して錯覚している部分と頭の良い人に錯覚させられている部分が混在しています。

認知バイアスについて

例えばブランド品は原価に関わらず、高い値段で取引されます。これは認知バイアスというものがかかっているからです。よくよく考えるとバッグにプラスしてブランドという実態を伴わないものを上積みするだけで数十万のバッグとして取引されることは凄いことです。

これと同じように物事を捉える時に無意識のうちに錯覚が入り込むのが脳の仕組みであり、無意識が故にあなたはそれに気づくことがなく錯覚を起こしてしまいます。

これは心理学の分野で認知バイアスと呼ばれています。

実はあなたが頭が良い人が怖いと思うのも、それによってその人を避けたり、仕事に支障が出るのも、この認知バイアスが原因である部分が大きくあります。

また頭が良い人がこの認知バイアスを利用して優位な立場に立つようにしている面もあり、これについては必ず知っておくべきなのです。

頭が良い人が怖いあなたは錯覚している

過去に頭が良い人と接して酷い目にあったり嫌な体験をした人は、ほとんど錯覚に陥っています。特に実害がないにも関わらず必要以上にその人に警戒したり、怯えて気を使ってしまう人は必ずと言っていいほど錯覚が入っています。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

今現在amazonで人気沸騰中の本ですが、このあたりの認知バイアスが全て明るみにされて話題を呼んでいます。

この本を参考に考えると頭の良い人に対して必要以上に怖がることは、感情ヒューリスティックというバイアスがかかっています。

感情ヒューリスティックとは好き、嫌い、メリット、デメリットのいずれかのパラメータが書き換わると他のパラメータが矛盾しないように書き換わることです。

実際にその頭の良い人が頭の良さで数々の問題を解決し、素晴らしい仕事をしていたとします。自分はその素晴らしい仕事のおかげで直接でないにしろ助けられているとします。

またその人は実は物凄く仕事の抜けが多く、隙だらけであり、メールを返信するのを忘れたり、名刺を持ち歩くのを忘れたり、致命的な部分があるとします。

頭が良い人か、そうでもない人か、なかなか簡単には判断出来そうにありません。

しかし、多くの人間の頭の中には矛盾がなく『頭が良い人』と認定してしまいます。

これは頭が良いというパラメータが他のパラメータも書き換え、実は仕事に隙があった人でさえも脳内で書き換えが行われ、あれはあの人の作戦だなんて妄想をしてしまいます。

感情ヒューリスティックは無自覚にパラメータの書き換えが行われる危険なバイアスです。

『頭が良い人』に対して、隙がない、心がない、などの書き換えが行われ、必要以上に怖がってしまう人が多いようです。

頭が良い人はあなたを錯覚させている

錯覚を暴いたところで、実は頭の良い人はこの錯覚を認識して逆に利用している場合があることを紹介します。

その人たちからすると先程の感情ヒューリスティックで『頭が良い』『怖い』と思われることで得をする場合があるからです。

他にも『権力がある』や『逆らうと怖い』などのパラメータも感情ヒューリスティックで上手く騙そうとする人もいます。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

この辺はまず心理学を学び、まず認識すること、認識して騙されてないか普段から常々気をつけておく必要があります。

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

心理学を手っ取り早く学びたいならファスト&フローがおススメです。

 

 

 

 

「錯覚資産」ふろむださんの人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっているの感想

待ちに待ったふろむださん(@fromdusktildawn)の書籍が発売されました。
分裂勘違い君劇場というブログでふろむださんのファンになって今回の初書籍はめちゃくちゃ興奮して読み終えました。今回は人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっているの感想を書いてみようと思います。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

錯覚資産とは

錯覚資産とはふろむださんの本で言われる造語で特に心理学の用語にはありません。

人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚は

一種の資産として機能する

これを錯覚資産と呼んでいます。

ハロー効果のようなイケメンや美女が就職面接で有利になったり、ある一部分が優れていると他の部分まで優れて見られてしまう認知バイアス、それは資産になりうると述べています。

そもそも実力や実績がないにも関わらず評価が高い人は本当に不公平だと思います。その不公平の謎はこの錯覚資産によるものです。

錯覚資産を利用し運用する

錯覚資産の話はなかなかリアルでは話せないくらい、人によっては毛嫌いするような話です。しかし錯覚資産を利用し、運用することで好循環を得られるとのことを語っています。
例えば錯覚資産を知ることでまずは実力のある人とない人を見抜き、騙されにくくなること、これは他人を助けてあげることもできます。(偉い!と思っている上司を見る目を疑うことができます。)

また逆に錯覚資産をうまく利用すると、職場でも良いポジションをゲットすることができ、結局自分に好都合なスキルを得られ、さらに錯覚資産を増やしていくことができるとのことです。

錯覚資産を形成するには第一歩目の成功が必要があり、その一歩目で実行することついては本書を読んでみるのをオススメします。

運が良かったのに実力のおかげにする成功者

ただ単に運が良かっただけなのに、それは実力のおかげでした!というものも実は思考の錯覚ということを本書では心理学のテストを用いて紹介してくれます。
これって世の成功者が成功の秘訣を語りたがることに似ているのかなと思います。たまたまでただ運が良かっただけです!という成功者の言葉を聞いたことがありません。
これには「コントロール欲」というものが錯覚を招いているようです。

我々は、より効率よく生きるために、コントロールしようとしするのではないのだ
コントロールしたいから、コントロールしているのだ
コントロール欲求は、食欲や性欲や睡眠欲と同じくらい、基本的な欲求なのだ

成功するかどうかは錯覚をいかに利用するか

「肩書きなんかで人間を判断しない!」なんて思う人も、実は無意識のうちに錯覚していることまで証明されてしまい、本書を読みながら感服なのですが、錯覚資産を知りそれは具体的な価値であると認識し、利用することが醜悪な生き方のようですが上手くいく人生になる可能性が高いとのことです。

本書では錯覚資産の劇的な増やし方を自身の経験をもとに解説してくれますが本当に圧巻です。だれにでも成功するチャンスがあるのだなぁと感じています。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

ふろむださんのオススメ本について

以前ふろむださんがTwitterで紹介していたオススメ本があります。

今回の本の中身にダニエル・カーネマンの話がありましたが、そのダニエル・カーネマンが書いたファスト&スローという本です。

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

認知バイアスについての本でおそらくふろむださんが大きな影響を受けたのだと思われます。シコ助も実は前々からこの本を読んでいて今回の本の認知バイアスに関する知見はこの本からのものだろうと推測できました。かなり有益な本なのでこちらもぜひ読んで見てください。

その他ふろむださんの著書です。

ひろゆきの役立つ知識に関するオススメ本が凄い

ひろゆきが考える役立つ知識とは、経緯や、動機を知ることで同じような事象に対して人間はどんな反応をするのか?という予測の材料になるものと提言しています。

また普段見ているニュースやドラマなど流行りの事象に関する知識は数年で無意味になるし、ネットで調べたら済む話で蓄える必要のない知識だと考えているようです。

その役立つ知識の定義を踏まえて下記の条件の本をオススメしています。

・今後10年以上も影響を与える技術や文化に関する話。
・結論に至る経緯と理由に筋が通ってる。
・資料から組み立てられていて、個人の感想を書いてるわけではない。
・一般的な”常識”とは違う結論や発見がある。

ひろゆきの『役立つ知識』というものに共感しまたその中で紹介されていた本を全て読むことにしました。

f:id:nobuwell:20180718144148j:image

どれもスゴ本でオススメなので紹介したいと思います。

銃・病原菌・鉄

一例を挙げるとポリネシアの『マオリ族』が『モリオリ族』を殲滅した例から、1000年前まで同じポリネシア人だった2つの種族がいかにして技術の差、武器の差、グループの統率力の差がついたかを無数の事例や知識をもとに著者の科学的論証手続きによって解説されます。住む環境によって全く違う部族になりうる人間性はある事例に対して『人間はどう考えるのか?』のヒントになり得ます。人類の歴史に沿ってこのような考察が散りばめられ読みやすくめちゃくちゃ楽しめる一冊です。 

コンテナ物語  

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

 

ほんの50年ほど前まで港の荷物の揚げ降ろしは穀物の入った袋や酒ビンってことで基本マッチョな人海戦術でした。輸送コストがハンパないので製造業の工場は港の近く消費地と生産地の距離がそのまま参入障壁な世の中でした。それがコンテナ物流システムを使うことによって地味なように見えて大変なイノベーションが起きたという話です。既得権益者など旧体制をどうするか?などその辺りの話もかなり有益です。ビルゲイツも進めた間違いない一冊。

f:id:nobuwell:20180807073440j:image

目次が地味すぎだけどめちゃくちゃ面白いです。

サピエンス全史

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福

 

サピエンス全史は面白い。これは間違いなくオススメです。社会科の授業で習ったホモ・サピエンスやネアンデルタール人というキーワードの背景を今更知ることに何度も悔やみます。ホモサピエンスがどうやって社会を形成し、いかに生き残ってきたかを読み進めながら、我々ホモサピエンスとはどういった生き物なのでこれからどこに進んでいくのか?を多角的に考えることができるとんでもない良書です。下巻はホモサピエンスを知り、これからの幸福について考える一つのきっかけとなりました。

生命・エネルギー・進化

生命、エネルギー、進化

生命、エネルギー、進化

 

上の書籍に比べて読み進めるのに難易度の高い書籍でした。専門知識が必要で物理も生物も知っておかなければ理解できないような内容ばかりです。ずっとネットを片手に読み進めていました。生命の起源についての考察が面白くて、今私たちが複雑な生命としてある姿は必然性を持っていると説得力を持って示します。つまり地球外に生命が存在した場合、同様のプロセス、共通の形式を持っているに違いないと繰り返し語ります。どこまでが仮説でどこまでがわかっていてが理解できる、人類史よりももっと深く本質的な部分を探る知的好奇心をくすぐる本です。 

以上、ひろゆきの役に立つ知識に関するオススメ本でした。

働き方 完全無双

働き方 完全無双

 
無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

 

 

読者様募集中です

↓ ↓ ↓

転職で失敗しない為の自己分析のやり方

シコ助です。
なんども転職を繰り返し、今の天職にありついたシコ助はたまたま天職に巡り合ったわけではありません。綿密な転職の計画を作り戦略的に行動していました。
その中で一番重要だった土台固めとしての自己分析方法について紹介したいと思います。
結局、自己分析をして自分の「好き」「嫌い」「得意」「不得意」を明確にすることを怠ると転職先でまた前職と同じような境遇に会い、転職したいとの気持ちを抱えた状態を繰り返すことになります。また勤務地給与会社の将来性などの折り合いの考え方や不足分を無効化する方法も一緒に考えて行くと幾分スマートに転職活動ができます。
第一歩としてシコ助が徹底的にやった自己分析方法について紹介したいと思います。

ストレングスファインダーによる強みの自己分析

まずはストレングスファインダー という自分の資質(強み)を明確にしてくれる適性検査を受けました。

転職のストレングスファインダー

これはシコ助のストレングスファインダーの分析結果です。人が持つ資質のなかで上位5つの強みを教えてくれます。
こちらは下記の大ベストセラー「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という本を購入し、この本についているシリアルコードにて適性検査を受けることができます。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

→ストレングスファインダーの詳細はこちら

www.200kounen-training.com

自分の『好き』と『嫌い』について

自分の『好き』『嫌い』についてはマインドマップを作ることをお勧めします。

f:id:nobuwell:20180723072759j:image

マインドマップを作ることが適している理由は

①好きなものの対象から何故好きか?をブレイクダウンしやすい

→好きなものをマインドマップ書いていき、そこから何故好きか?に従って抽象化していくと『数字が好き』『モノづくりをして人にプレゼントするのが好き』などより抽象的なワードに落とすことが出来ます。

抽象化したら仕事に置き換えるように逆に具体化してあげれば『好きなこと』と『仕事のとある業務』の接点が見つかります。

②いつでも追加できる

人は毎日同じことを繰り返す習慣の生き物です。よって好きなことのマインドマップも経験が偏る為に、同じく偏ってしまっています。

転職活動前は徹底的に新しいことに挑戦し、経験値を稼ぎ、自分の『好き』を追加していきました。

よって自由に追加出来るマインドマップをお勧めします。

MindNode 5

MindNode 5

  • IdeasOnCanvas GmbH
  • 仕事効率化
  • 無料

嫌いなことについても同様にマインドマップを作成しました。

自分の持っている素材を活かす

シコ助が転職する際に重要だと思ったのが、自分のスキルの明確化です。

たまたま書店で立ち読みしていた際に英語表記の文面があり、それをスラスラ読めたことに驚きました。受験中は特に英語に力を入れていたことを思い出し、さらに英単語は今も忘れずに覚えているようでした。

社会人になって英語に全く接しない企業に入り、自分の英語力についてピンと来ていませんでしたが、そういった自分の中にある『眠ったスキル』や『形にならないスキル』は具現化して活かすべきです。

資格やアルバイト、行事ごとなどあからさまな経験は面接や志望動機などの書面で簡単にアピールできるでしょう。

しかしあまり形にならない『英語を覚えている』『人当たりが良い』『発想力がある』などのスキルについては形にしてアピールする必要があります。

この具現化する方法は後ほど書きますが、『自己分析』としてはまず見えない、形にならないスキルは抽出しておきましょう。

読者様募集中です。

真夏の満員電車を回避する方法

真夏の満員電車は地獄です。

朝はともかく夕方の帰宅ラッシュ時は特に地獄です。

夏場は汗の臭いが気になり、肌もベタベタしているのでとにかく人と触れることが苦痛になります。

満員電車にサヨナラする方法 ~時間と場所にとらわれない新しい働き方~

満員電車にサヨナラする方法 ~時間と場所にとらわれない新しい働き方~

 

かといって通勤時間をズラしたり、お金を払って座れる電車に乗る余裕もありません。

今回はシコ助の実践している真夏の満員電車の回避方法について書こうと思います。

真夏の満員電車の地獄さ

満員電車は夏に限らず、年中地獄です。ただでさえストレスのたまる満員電車なのですが、真夏となるとその地獄さは限界突破します。

同僚の女性は満員電車を回避する為に朝早くから出社し、夜遅くに帰宅するという生活習慣まで変えてしまっており、それほどストレスを感じる人にとっては大変なことなのです。

次の電車を待つも同様に満員電車が続き、特に山手線ではこの現象が繰り返されます。

夏場だからこそ回避出来る方法

真夏だからこその満員電車を快適に過ごす方法なのですが、満員電車の中でも比較的空いてる車両があります。ズバリ『弱冷房車』です。

弱冷房車は対象となる列車や車両位置が決まっていますが満員電車となる電車には大概設置されているものです。

一般の車両よりプラス2度高めの温度設定にされている為、暑い時ほど利用者が減っています。

シコ助はこの車両に目をつけ、ここで快適に過ごす方法を考えました。

弱冷房車に乗り、自分だけ体温を下げる

あれこれ考えた結果、弱冷房車のプラス2度分を無効化するように、自分だけ涼しくなれば良いということでした。

また自分だけ涼しくなるには氷ベルトをオススメします。首に氷を巻いて体温を下げることが出来ます。

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ 1個

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ 1個

 

これを会社の冷蔵庫で保冷しておき、帰宅時に装着してます。また氷ベルトを首に巻くのに抵抗がある人は冷却タオルとセットで使用しましょう。詳細→暑さ対策には首元を冷やす氷ベルトがオススメ - 200光年軍隊手帳の中身

 

満員電車と混んだ電車は全くの別物

満員電車の良くないところって結局、人と人が触れるほど混雑しているところです。

単に混雑した電車だと人が乗車率が高いけれども、密着がなくベタベタした肌同士が触れることもありません。それであれば比較的空いてる弱冷房車を狙い、自分だけ氷ベルトで快適に過ごせば良いのです。

下記記事に氷ベルトの使い方について書いているので是非参考にしてみて下さい。