Kindle Unlimitedで読める発達障害・ADHDについての書籍

シコ助は一時期、発達障害ADHDをテーマにおいてkindle unlmited(キンドルアンリミテッド)で沢山の電子書籍に触れたことがあります。

テーマに関する良書がたくさんあり、月額980円(初月無料)で読めることは大変お得だと思っています。

kindle unlmitedで読める発達障害やADHDに関するオススメ本

意外に読みたかった本がたくさんあって、kindle unlmitedに感謝なんですけど、その中でもオススメの発達障害・ADHDの関するオススメの書籍を紹介したいと思います。

コーヒーはぼくの杖

コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの

コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの

  • 作者: 岩野響,岩野開人,岩野久美子
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2017/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

8歳の時にアスペルガー症候群の診断を受けた岩野さんの本です。わりと最近メディアでも注目を浴びる人物になっていて、『コーヒーの焙煎士』として独り立ちに至るまでのストーリーです。孤独な葛藤と家族の支えなど参考になる部分が多々ありました。

発達障害の自分の育て方

発達障害の自分の育て方

発達障害の自分の育て方

 

こちらは当ブログでも何度も紹介させていただいた書籍です。発達障害を克服し、オリジナルの生き方を提唱する岩本さん。ダメな社員だった過去を振り切り、外資系のデータアナリストとして活躍されているまさに発達障害の特徴を活かした生き方を実践されている方の書籍です。オススメの良書です。

アスペルガーとして楽しく生きる

アスペルガーとして楽しく生きる

アスペルガーとして楽しく生きる

 

発達障害カウンセラーとして働く吉濱さん。幼少期からアスペルガー症候群として大変な人生を歩んだとのこと。しかしその症状に屈せず、立ち向かうことで発達障害に関する知識や改善法を取得し、それによる体験をもとにカウンセラーの道を歩んだ内容です。

毎日やらかしてます

毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で

毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で

 

発達障害を知る為の最初の導入としておススメです。発達障害に関する様々な知識を入れていると、頭でっかちになりがちです。そんな時に本書を読むと原点に戻れるような安心感と登場人物の明るさに元気をもらえます。何かに行き詰まった時にもう一度考え直すキッカケにするのも良いかもしれません。

めざせ!ポジティブADHD

めざせ!ポジティブADHD

めざせ!ポジティブADHD

  • 作者: あーさ,山下裕史朗/水間宗幸
  • 出版社/メーカー: 書肆侃侃房
  • 発売日: 2007/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 7人 クリック: 54回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

ギャグ漫画なのに実用的、ADHDについて脳の中で何が起こっているかをギャグタッチで解説してくれます。ADHDについて知りたい時に医療系の実用書に対抗がある人はこちらである程度イメージをつけるといいと思います。読んでいくと元気が出てくるほどハイテンションで展開されるストーリーが実に楽しいです。

まとめ

紹介した本意外にも沢山の本がkindle unlmitedのラインナップに並んでいます。月額980円なので簡単に元の取れるコスパの良さです。

ただしシコ助は1ヶ月だけ集中して使うことをオススメしてます。→関連記事Kindle Unlimitedは1ヶ月だけ使うことでコスパが最強になる - 200光年軍隊手帳の中身

まずある分野に関して情報を得ることに本は欠かせないものです。テーマを選定して沢山の本を集中して読むことがコスパを良くする方法なのです。

follow us in feedly