『reminDO』という暗記用アプリの使い方

物事を記憶するには覚える作業が必要で、覚えたいものを何度も反復するという面倒なプロセスを踏みます。

英語や資格試験は参考書や問題集があって、何度もそれを読み返すことが覚える作業です。

例えばネットを見ていて『これは覚えたいな』と思った時に、あとから反復するプロセスは管理が難しくなります。

覚えたいことをメモに取り、参考書や問題集のように繰り返し読み返すことが出来るものを作りあげる必要があります。

シコ助は友人の話を聞いたり、テレビ番組を見ていてると覚えておきたいということが増えていきます。それと同時に一つ一つメモを取ったり、メモの整理、あとで読み返す習慣など大変な思いをしています。

そんな時にreminDOという暗記を補助してくれるアプリに出会いました。

reminDOとは?

reminDO(リマインドゥー)は暗記を補助してくれるアプリで、忘却曲線を使って効率の良い勉強を目的にしたアプリです。

スマホでもタブレットでもPCからでも利用ができて、しかも無料で利用できます。

reminDOは通知機能をオンにしておくと、忘却曲線に沿って反復練習するベストなタイミングで復習することが出来ます。

reminDOは暗記という作業をシンプルにしてくれる

本の覚えたいところに線を引いたり、Webサイトをブックマークしても覚えることは出来ません。あとから反復出来るように情報を整理する面倒なプロセスが発生します。

reminDOは覚えたいテキスト、画像、Webサイトをとりあえずぶち込んでおけば、後から覚え直す最高のタイミングで通知がきて、それに乗っ取って復習する、それだけで暗記が出来るというシンプルなプロセスを踏みます。

f:id:nobuwell:20190402074308p:image

またSNSのように作ったメモを共有する機能があり、例えばだれかが作った英単語帳を覚えることも出来ます。

復習にはタイミングがある

復習する効率の良いタイミングはすでに解明されています。

記憶にはワーキングメモリ(初期記憶)、中期記憶、長期記憶というものがあり記憶の定着にはある期間内に再度記憶を呼び起こす必要があります。またその呼び起こすタイミングも判明されています。

ワーキングメモリ→中期記憶:72時間以内の復習

中期記憶→長期記憶:30日以内の復習

社会人は資格勉強のために記憶術を身につけるべきかも - 200光年軍隊手帳の中身

以前、記事にも書いたのですが復習するタイミングに従い、タイミングでない時に復習しないことが効率の良い暗記のやり方です。reminDOがこのタイミングを管理してくれてるので通知が来るまで気にせずにいられます。

超高速暗記術~資格試験に忙しくても一発合格!

超高速暗記術~資格試験に忙しくても一発合格!

 

reminDOの使い方

f:id:nobuwell:20190402080003p:image

reminDOの使い方もシンプルでテキストを書いたり、画像を貼ったり、Safariの共有から起動してWEBページを登録したりと手間がかかりません。

リピート間隔の調整やタグで英単語、日本史、などの整理も可能です。

あとは通知を待って復習するだけです。

f:id:nobuwell:20190402080349p:image

また学習記録の機能もあってモチベーションを上げてくれます。

まとめ

記録したいのか、記憶したいのかしっかり見極めて暗記のプロセス踏むとよいです。reminDOは暗記プロセスをメチャクチャ楽にしてくれた神アプリでした。

読者様、募集中

↓↓↓